○車と景気動向

いろいろなメディアで騒がれている車離れ。若者を中心として、車の購買層が落ちているというが、それは本当なのだろうか。実際に、使ってみるとこれほど便利なものはない、と誰もが認めるモノでもあるし、人間の足としては、もっとも活用できるモノでもある。
実際に日本の景気動向が動けば、中古車業を糧とする製造業に活気が出てくる。製造業の多くは中小企業も含まれ、そういった企業は各種パーツを作っており、業績は一蓮托生の面もあるので、つながりが大事であるし、日本製は世界各国が品質を認めるブランドでもある。世界基準でみても、我が国の中古車産業は優秀で、日本製の中古車の査定額もそれと比例している。つまり、査定額の事をしっていれば車へ関心も高まるに等しい。

○車の利点

車は、今やどこの道路でも走っている4輪のマシンのことである。2人乗りのスポーツカーや、4~8人乗りのファミリーカー、更には20人以上乗れるバスなど種類が豊富で、自分の生活スタイルに合わせて、購入できる。
車の利点としては、自分の好きなところへ自由に行けるというところである。まだ行ったことのない道や、行きたかった場所に行けたり、家族での旅行や帰省ににも使える。
公共のものは、マイカーを買わなくても手軽な運賃で目的地にたどり着くことができる。

○車の注意点

今や、先進国は皆車社会であり、現代人にとっては無くてはならない存在である。大半の大人が免許を取得しており、運転できることが当たり前になっている。
確かに、便利で手放すことは出来ないが、環境にとってはよろしくない点がある。というのは、排気ガスの排出は地球温暖化を促進させるといわれており、エコカーという地球に易しい新たなタイプの商品も出ている。
また車に頼りすぎる為、運動不足になり生活習慣病として肥満が問題視されている

おすすめサイト

車査定を依頼するならこちらへ|かんたん車査定NAVI

アーカイブ